住宅ローン返済はどうやってすればいい?

住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
35年間支払い額が変わらないのが最大の特徴です。
35年という長い間、世の景気に左右されることなく、毎月同じ額の返済ができますので、今大変人気の住宅ローンです。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などはフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、逆に価値がないと判断される住宅は審査が通りにくいという事になります。
住宅ローン契約の時、必ず入らなくてはいけない保険があります。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
この保険の詳しい内容は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残されたご家族にローンの負担を残さない様にする為の特別処置です。
保険会社はそれぞれの銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
自分が保証料を支払う必要はないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
住宅を購入するという事は誰でも憧れる事ですよね。
ですが、自分の家を購入する際には必ず住宅ローン審査が必要です。
家の代金を現金ですべて支払えれば何も問題はありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
住宅ローン審査は、数ある審査の中でも特に厳しい物だと言われています。
35年間支払いが出来ないといけないので、中には審査に落ちる人もいらっしゃいます。
審査に合格しない理由としてあげられるのが収入面の問題です。
住宅ローン審査を問題なく通過するには、最低ラインで300万円以上の年収がなければいけない。
と言われています。
ただ、それだけでなく、勤続年数や会社の規模なども重要な審査材料になります。
マイホームを購入する際は頭金が必要です。
頭金が無くても購入出来る!と言った広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
月々の支払いを少なくしたいのであれば、やはり頭金を最初に少し支払うのが良いでしょう。
頭金は目安が物件購入金額の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますのであくまでも20%は目安で考え、支払える範囲でやりくりすると良いです。

http://www.jyutaku-muryou-soudan.com/