カードローンの審査に落ちる理由は?審査の判断基準って?

カードローンは急にお金が必要になったときに大変便利なサービスなのですが、利用する場合には各金融機関の審査を受ける必要があります。
この審査を通ることで契約をすることができますが、当然ながら審査に通らなければ契約することはできません。
審査に落ちる理由はいくつかあります。
まず重要なのは、返済の能力があるかどうかで、安定した収入があるということが求められます。

多くの金融機関は、現在の安定した収入が1年以上継続している場合、大抵は審査を通ることができるでしょう。
また、過去にキャッシングやローンを利用した際に、返済の遅延があるかどうかも重要な審査の判断基準となります。
遅延があった場合は返済能力の信用度が下がりますので審査に通らない確率が高くなってしまいます。
現在では借り入れに対する総量規制が法で定められており、借り入れの総額が年収の3分の1を超えている場合は、キャッシングやカードローンの借り入れが出来なくなります。